hello hello
Menu

SevenSees

創立者が語るセブンシーズの理念

 

英語学習+人間発達=人間力

 

セブンシーズを創立した目的は英語習得により、新たな生き方を体現できるきっかけを提供することが望みです。英語学習者にとって、英語を話せることは、ただコミュニケーションとしてのものでは無いと思っています。言うまでもなく、受験英語として大学に進学するためだけのものでもありません。これからの英語学習は人を変え、進化させ、新たな日本人としての未来像を構築するための不可欠なものでなくてはならないと思い、願っております。ちょっと気取った言い方で言うと、セブンシーズの英語学習のアルゴリズムは英語学習+人間発達=21世紀の人間力であります。

 

セブンシーズが問う「人間力」とは 

 

大それた課題ですよね。「人間力」の意味。 なるべく重くならずに説明させていただきます。少しお付き合いください。

 

英語学習の一番の目的は交流だと思っております。特に外国人との交流です。基本的には外国人との交流なので言語はなんでもいいと思いますが、セブンシーズは現在のところ英語を中心として活動いたしておりますが、ぜひ他の言語も取り入れていければと考えております。中国語、フランス語、スペイン語、韓国語、ドイツ語などなど。

 

   「人間力を練習する」外国人と接すると実感することがあります。日本の価値観が通じ無いと言うことです。日本人であれば当たり前のことが、外国では当たり前でなかったりする事が多々あります。西洋の国々、特に英語圏での価値観は、個人主義をベースとした生き方が根底にありますよね。日本人の「相手を立てる」とか「謙虚」といった生き方ではなく、Need to be heard (自己主張をする事)を優先としているところがあります。想像してください。100の文化があれば、100の価値観があるといっても過言では無いですよね。英語を通して外国人に接するということは自ずと色々な価値観と接する機会が増えてきます。その中で、セブンシーズの斡旋することはたくさんの人と交わり、価値観の洗礼を受けることで、人間力を促進する「練習」ができます。

 

    「セブンシーズが問う人間力とは」答えから申しますと、人間力とは発想力、共感力、生きる力、共同力、発信力が備わっていて、前向きにチャレンジできるチカラです。人間力とは多様化の世の中、複雑化する世の中であっても、多様な価値観を受け入れながら、自分の成すことを実現するため歩めるチカラです。

 

セブンシーズが実践する人間力促進教育法

 

私は30年以上の教育者として、教育学、心理学を学んできて、セブンシーズの教育法はそれらの集大成であります。ここでは少しだけ触れさせていただきます。

 

まず、初めに、生徒は active learner (活動的学習者)と見做します。先生からの情報をノートに書き、暗記をしていく存在ではなく、先生から与えられた課題を一人で考え、さらにみんなで共有しながら、知識を練っていく人であります。

 

次に授業内容は社会を反映しています。一般的社会(専門職を除き)は多種多様な人材がいますよね。その中で、得意分野、不得意分野を持ち合わせる人たちが混沌と交わって成り立っています。英語のクラスも色々な英語力のレベルの人たちがいて、一人一人を尊重し、得意な英語を生かし、助け合って、サポートしあっていく環境を徹底的に作っていきます。これは differentiating learning (ディファレンシーティング・ラーニング)と言う、教授法であります。

 

もう一点ご紹介します。それは constructivism (コンストラクティズム)からきているもので、日本人に「意味のある」英語であります。日本の文化や日本人の心を取り入れ、日本のことを英語で話し、発信できるように進めていきます。

 

セブンシーズの意味

 

セブンシーズは7つの”C”で始まる単語を用いて作られた社名であります。その7つとは:Cross-Cultural Center for Connection, Communication, Collaboration, Creation4つの喜びを与えたい「異文化教育センター」(Cross-cultural center) であります。

その4つの喜びとは:

1)つながる喜び (connect)

2)発信する喜び (communicate)

3)共同作業する喜び (collaborate)

4)想像 する喜び (create)

 

皆様が英語力を身につけていけるため、セブンシーズで少しでも自信がつければ本望です。少しでも自信がつき、前進できる意欲が芽生え、自分にあった英語学習法を見出していければいいですね。

 

セブンシーズの英語学習は「再チャレンジ」の場として捉えていただければ嬉しいですね。

 

下郡祐次郎

創立者・代表

 

 

下郡祐次郎

創立者・代表